高品質で長寿命のLED照明。

ホーム >よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

LEDとは何ですか?
LEDは、Light(光)、Emitting(放出する)、Diode(ダイオード:半導体)のそれぞれ3つの頭文字をとったもので、電気を流すと発光する半導体の一種です。発光ダイオードとも呼ばれています。青色LEDが開発されたことで高輝度白色LEDが実現し、現在では次世代の照明として注目されています。当社では、照明用LEDの開発・商品化にいち早く着手しております。
LEDの寿命はどのような基準で決められていますか?
LED照明の「設計寿命」は、光束(初期の明るさ)が70%に低下するまでの時間です。
※表示は「設計寿命」であり、製品の寿命を保証するものではありません。
LEDのどこが環境にやさしいのですか?
セラメタや水銀灯等の様な、有害物質が一切含まれていません。
消費電力を抑えるだけでなく環境負荷も抑えることができます。
LED補助金制度などはありますか?
国や地方自治体で、省エネ設備導入支援の動きが進んでいます。 時期や条件により補助金制度申請が可能な場合もあります。詳細については関係諸官庁のホームページでご確認ください。
保証はどうなっていますか?
保証期間は商品お買い上げ日より原則2年間です。 商品の設計上の問題で不具合が発生した場合はこの限りではありません。
LEDが次世代の照明として期待される理由はなんですか?
節電が求められる国内状況や地球温暖化問題を考えますと、CO2排出量と直結するエネルギーの使用量削減は非常に大きな課題です。住宅で使われているエネルギー使用量のうち、照明器具は上位に位置しております。長寿命・省エネなどの特長を持っているLED照明器具を使用すれば、環境への負担を大幅に低減することができるため、LEDに対する期待が高まっているのです。又、水銀灯の様な予熱が必要無い為、ON、OFFを小まめに行い節電も可能です。
LEDは初期投資費用(交換費用)が高いと言われていますが?
LED自体の価格が高いため、初期投資費用は割高となります。しかし、電気代を大幅に削減できるため、その削減分で初期投資の元を取ることができ、元を取った後はその削減分がそのままお得になって行きます。お問い合わせいただければ、試算表を提供いたしますので、まずはその数字をご覧いただき、検討してみてください。
光の明るさの単位を教えて下さい
全光束
(ルーメン:lm)
光源が全ての方向に対して放出する光の量のことで、 この値が高い光源ほど明るい光源といえます。
光度
(カンデラ)
光源から出る光の強さ(ある方向の単位立体角内に放射される光の量)を表します。カンデラのうちある方向から見た光源の明るさの度合いを輝度と呼ばれる単位で表されます。
照度
(ルクス:lx)
光源によって照らされている面の明るさを照度と言います。照明設計の基本となるもので、JIS規格が定められています。
色温度
(ケルビン:k)
光源の光色には赤みを帯びたものや青みを帯びたものなどありますが、見る人によって感じ方は微妙に異なります。一般に光色を客観的な数字で表したものが色温度でK(ケルビン)で表されます。色温度が低ければ低いほど赤みがかった色になり、高ければ高いほど青みがかった色になります。
演色性
(アールエー:Ra)
光源の種類によって対象物の色の見え方は異なります。色の見え方に及ぼす光源の性質を演色性といい一般的には演色性のよいものは見え方がよい、演色性の劣るものは色の見え方が悪い照明といえます。
LEDには防虫効果があると言うのは本当ですか?
相対的にみれば、現状では確かに効果があります。正しくは、LEDの光に防虫効果があるのではなく、LED以外の白熱球や蛍光灯などに虫を寄せ付ける波長の光が多く含まれているのに対し、LEDではその波長の光が少なくその結果、虫が寄りにくいのです。そのため、防虫については光源別に判断するのではなく、光の波長で効果を判断するのが正しい解釈だと言えます。
直管型LEDは従来の蛍光灯に比べて重いですが、落下などの危険性はないですか?
重量については、JIS規格(JIS C 8105-1)の500g未満との記載があります。当社商品は全て500g以下であり落下の心配はございません。
直管型LEDは目や健康に害はありませんか?
従来蛍光灯は交流を使用するため100回/秒~120回/秒ちらつきますが、LED 蛍光灯は専用電源を使って交流を直流に変えて使用するためチラツキがほとんどありません。
LED照明のリース契約は可能でしょうか?
お客様の状況に合わせてリース契約も可能です。リースを活用しイニシャルコストを抑えたLED照明の導入が可能です。詳しくは弊社までお 問い合わせ下さい。

LEDに関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

お問い合わせ